金時しょうがとは?

金時しょうがの成分

しょうがは世界中で約1300種類あり、日本では根茎の大きさによって「大生姜」「中生姜」「小生姜」と分類されています。

金時しょうがはその中でも小生姜に分類されており、辛味や赤みが強いのが特徴です。

しょうがには独特な味や香りがありますが、それはしょうがに含まれるジンゲロール・ショウガオール・ガラノラクトンといった成分によるもので、これらの成分の働きによって冷え性改善やダイエット、アンチエイジングなどの効果を得ることができます。

よくスーパーなどで見かけるしょうがにも、当然ジンゲロールなどの成分は含まれているのですが、金時しょうがはこれらの成分が非常に多く含まれているのです。

ここでは金時しょうがの持つ様々な効果について解説しています。

金時しょうがで「冷え性」改善

金時しょうがの効果として最も有名なものが「冷え性」改善効果です。 冷え性は冬だけのものだと思われがちですが、実は一年中付きまとってくる悩みです。 もちろん人によって程度は異なるのですが、中には夏でも電…

続きを読む

金時しょうがで「アンチエイジング」

人の体はエネルギーを作り出す際に酸素を使いますが、その時に副産物として作り出されてしまうのが活性酸素です。 この活性酸素は酸化力が強く、人の体を錆びさせる、つまり老化の原因となってしまう物質なのです。…

続きを読む

金時しょうがで「ダイエット」

人の体は消費カロリーと摂取カロリーのバランスによって太ったり痩せたりします。 摂取カロリーが消費カロリーを上回れば太り、消費カロリーが摂取カロリーを上回れば痩せることができるのです。 そこで消費カロリ…

続きを読む
Page Top