金時しょうがで「冷え性」改善

金時しょうがで「冷え性」改善

金時しょうがの効果として最も有名なものが「冷え性」改善効果です。

冷え性は冬だけのものだと思われがちですが、実は一年中付きまとってくる悩みです。

もちろん人によって程度は異なるのですが、中には夏でも電気毛布がないと寝られない、腰やおなかなど体の一部だけが異常に冷えるという人もいます。

冷え性の大きな原因の一つが血行不良です。

血行不良は末梢血管の収縮や筋肉の衰え、代謝の低下などによって引き起こされます。

冷え性だけでなく腰痛肩こり関節痛頭痛心臓病糖尿病など様々な疾患に繋がってしまうのです。

金時しょうがの冷え性改善効果とは?

しょうがに体を温める効果があることを知っている人も多いでしょう。

これはしょうがに含まれるジンゲロール(ショウガオール)の働きによるもので、しょうがの辛みの元となっている成分です。

ジンゲロールが末梢血管を拡張し、血流を促進してくれるため、体の隅々まで十分に血液と共に熱を送ることができるのです。

ジンゲロールのこのような働きによって冷え性を改善することができます。

金時しょうが」には普通のしょうがの約4倍ものジンゲロールが含まれているため、冷え性の改善に大きな効果が期待できるのです。

金時しょうがの効果的な摂取方法

金時しょうがはスーパーなどでは、あまり販売されていません。

またその辛み成分の強さから、金時しょうがそのものを食事で摂取することが難しい食材です。

サプリメントでの摂取をオススメします。

冷え性改善の効果を感じたいのであれば、朝食後に、ぬるま湯で服用するのがオススメです。

朝は、一日の中で最も体温が下がっているのと、胃への負担を和らげるため、朝食後がぴったりなのです。

Page Top