炭酸から手作り!自家製ジンジャーエール

グラスに入った生姜とフルーツ

健康効果の高い生姜は、昔から様々な料理に使われていますね。

中でも、ジンジャーエールは、飲みやすく少しの辛味が癖になります。

しかし、日本で売られている市販のジンジャーエールには、生姜が含まれていないことがあります。

そして、日本ではソフトドリンクのジンジャーエールが主流ですが、実は本場イギリスでは、生姜と砂糖を発酵させたアルコール飲料が主流なのです。

ジンジャービアとも呼ばれ、古くから親しまれています。

日本人の持つジンジャーエールのイメージとは、全く別物のようです。

そんな大人なジンジャーエールは、実は簡単に作れるんです。

ジンジャービアの作り方

必要な材料は以下のものです。

  • すりおろした生姜・・・60g
  • グラニュー糖・・・60g
  • ドライイースト・・・小さじ半分~一杯
  • レモン汁・・・半分
  • 水・・1リットル
  • お好みでスパイス・・・シナモン、鷹の爪、ナツメグなど

レモン以外を全て密閉できる容器に入れます。

8時間~1日放置します。

夏場は、発酵が早いので気をつけてください。気泡が、でき始めたら発酵している証拠です。

出来上がったらレモン汁を搾って出来上がりです。

市販のジンジャーエールとは違う刺激的なお味です。

すりおろした生姜の繊維も同時に摂れるので、食物繊維たっぷりです。

自家製のジンジャーエール、試しに作ってみてはいかがでしょうか?

その他、健康効果の高い金時しょうがを使ったサプリメントはこちら

Page Top