生姜で胃の調子が良くなる人と悪くなる人

生姜で胃の調子が良くなる人と悪くなる人

温め効果が注目されている生姜ですが、生姜はにも効果のある食材です。

古くから漢方などにも使われており、その効果は誰もが認めるものなのですが、生姜で胃の調子が良くなる人もいれば、中には胃が痛くなってしまう人もいます。

この違いはどこにあるのでしょうか?

胃の調子が良くなる理由

生姜で胃の調子が良くなる最も大きな理由は、ジンゲロールにあります。

ジンゲロールは生姜に含まれる辛み成分で、生姜の主成分ともいえる成分です。

このジンゲロールが胃壁を刺激すると、胃の血流が活発になります。

すると胃が活発に動くようになり、胃液の分泌も促進されます。

そのため消化吸収が促され、胃の調子が良くなり、食欲増進などにも繋がるのです。

胃の調子が悪くなる理由

生姜によって、胃の調子が悪くなってしまうという人も少なくありません。

そういった人は、生姜で胃の調子が良くなる人と、何が違うのでしょうか?

まず挙げられるのが、胃の粘膜の弱さです。

生姜を摂取することで胃が活発に動き、胃液の分泌が促進されるようになるのですが、胃の粘膜が元々弱い人や弱ってしまっている人は、胃液が出過ぎることで胃が刺激され過ぎてしまうのです。

そのため胃痛や下痢といった症状が引き起こされてしまう場合があるのです。

その他に挙げられるのが生姜の摂り過ぎです。

胃に良いからとか体が温まるからという理由で一度に生姜を大量に摂ってしまうと、先ほども書いたように胃液が出過ぎる状態になってしまいます。

特に空腹時のような胃に何も入っていない状態で、生姜を大量に食べてしまうと胃が荒れて調子が悪くなってしまう原因となるので、注意しましょう。

サプリのススメ

お腹を壊しやすい、けどどうしても生姜の効果を実感してみたい。
そんな方にサプリメントを試してみてはどうでしょうか。

サプリメントで摂取するときのメリットとして、

・胃腸の奥で溶け、そして素早く吸収されるため、胃が荒れにくい

・生姜の他にも、様々な有効成分を摂取できておトク!!

・食物で摂取するよりも、有効成分の吸収が早く、効果が表れやすい。など

また、サプリメントは摂取量も調節しやすいので、自分に合った生姜ライフを目指せます。

Page Top