酢生姜で胃が痛くなる方に。 ~原因と対策~

胃痛で苦しんでいる女性

酢生姜で胃が痛くなる方にテレビ番組で「酢生姜」について放送され、「血管が若返る」「ダイエットに効果がある」などと話題になっています。

しかし摂り始めると胃痛が起きて多くの方が使用を断念しています。そこでなぜ胃痛が起きるのかその原因と対処法をまとめてみました。

目次

原因は摂取の方法にあった?
対策として「一回の摂取量少なく、そして摂取する回数を増やす。」
サプリの方が安全で効果的

原因は摂取の方法にあった?

胃の粘膜が弱い人もいて、そんな人が生姜を大量に摂取すると、ショウガオールジンゲロールが胃液の分泌を過剰に促して、胃が荒れてしまいます。

さらに今回は摂取するタイミングも原因があると思われます。番組内では料理に加えたり、ご飯に載せたりと、空腹時に摂取していることが注目すべき点です。

消化のためにも胃液が必要ですし、ちょうどいいのではないかと思ってしまいますが、テレビで推奨していた摂取量1日30gというのは少し多すぎます。

摂取しても胃痛が起こらず、効果がある量は大体小指に乗るぐらいで十分です。大さじ1杯ほどの量を摂取するとなると、効果は表れやすいでしょうが、胃が荒れやすい環境になります。

対策として一回の摂取量少なく、そして摂取する回数を増やす。

酢しょうがの血管若返り効果ダイエットサポート効果は是非とも試したいですよね。

胃痛・胸やけを抑える方法として、摂取量を減らすことです。1日大さじ1杯から、小指一本に乗るぐらいの量を1日摂取する。デメリットとして効果が発揮されるまで多くの摂取期間が必要です。

しかし胃が荒れてしまうと他の栄養も十分に吸収できなくなるので、ゆっくりと自分に合った摂取量を調整する必要があります。

また摂取量は変えずに、摂取する回数を増やすことも大切です。食事に加えるだけではなく、胃膜をコーティングしてくれるハチミツを加えて、紅茶などの飲み物と一緒に摂取したりすることで、すこしづつ摂取するようにすれば胃液を抑えることができます。

サプリの方が安全で効果的

胃痛が起きてしまう方は先天的ではないにしろ、現在進行形で胃膜が弱っている方がほとんどです。量を減らして回数を増やすことで解決することもできますが、前述したように長く摂取しないと効果が現れません。

早く、しっかりとした実感が欲しい方は、サプリメントで摂取することをオススメします。サプリメントは少ない摂取量で最大の効果が発揮できるように有効成分が凝縮されています。

必要なのはしょうがの成分を効率よく摂取することです。

黒酢を一緒に配合させた金時生姜プレミアムや、冷え性改善、ダイエットサポートを目的に特化した金時ショウガ+ヒハツ+クラチャイダムなど様々な種類のサプリを紹介し、値段、安全性、実際に使った方々の口コミなど様々な視点から評価をしています。
参考にしてください。

Page Top