ショウガオールの効果と効能

ショウガオールとはジンゲロールに熱を加えたり乾燥させたりする事によって出来る成分で、ショウガに含まれる辛味成分です。

ジンゲロールピリッとした辛さなのに対して、ショウガオールは口に残りじわじわと感じる辛さです。

生のしょうがにはほとんど含まれていません。

しょうがを加熱することで、ジンゲロールが減少し、ショウガオールが増加します。

ショウガオールには、ジンゲロール同様に、抗酸化作用血流の改善免疫力の向上などの働きを持ちます。

ジンゲロールと違う温め効果とは

ショウガオールにも、ジンゲロールと同様に、冷え性改善効果があります。

しかし、ジンゲロールとは、少し異なるものとなっています。

ジンゲロールの温め効果は体の中心にとどまっている熱を手足の末端まで送ることによるものです。

ショウガオールの温め効果は胃腸を内側から刺激して血流を高めることにより、体の内側に熱を作り出すというものです。

ショウガオールの温め効果は即効性のあるものではなく、3、4時間かけてじわじわと温めるものです。

体温の低い朝なんかにショウガオールを摂取すると、少しずつ芯から温めてくれるので辛い冷えを解消してくれます。

Page Top